金融知識を身につけて上手にお金を借りましょう!

お金の仕組みを知る情報

通貨の強さを計る外国為替相場の動き

日本でも、ニュース番組などを見ていると、最後のほうに現在のドル円レートが紹介されてることがあります。 なかにはユーロ円相場を紹介しているニュース番組もありますが、できればそこにユーロドルも加えてほしいと思っている方は多いでしょう。 なぜなら、世界通貨ドルであり、その現在の状態を見るには、ユーロドルという通貨ペアが最適だからです。 外国為替相場とは、2つの国の通貨の交換比率のことを指します。 外国為替レートというふうに呼ばれることもあり、一般的にはこちらの呼び方をされるほうが多いかもしれません。 外国為替相場の表し方には2つの方法があります。 1つは自国通貨建てでの表し方です。 この場合、「1ドル=100円」というふうに表示されます。 ニュース番組で外国為替レートを伝える時は、こちらの表示方法を用いるのが一般的です。 もう1つは外国通貨建てになります。 これは、アメリカから見た表し方で、「1円=0.01ドル」というふうに表示されるわけです。 この表示方法は、日本から見ると外貨建てになりますが、アメリカからみると自国通貨建てになります。 為替相場は、2つの国の通貨を力関係を表す相対的なものですから、2つの見方ができるのは当然のことでしょう。 ドル円でいえば、アメリカドルが弱くなると円高になり、アメリカドルが強ければ円安になります。 外国為替相場を見ると、それぞれの国の通貨の現在の強さを確認することができるわけです。 たとえば5万円借りるくらいの金額であれば、外国為替相場の動きを見て利益を出すことで、1万円借りるなどのキャッシングをしなくても済む場合があるのではないでしょうか。

(c)www.yalefertilitycenter.org All Rights Reserved.