金融知識を身につけて上手にお金を借りましょう!

お金の仕組みを知る情報

人生の再スタートを債務整理から始める

債務整理に良くないイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、言葉自体には悪い意味はありません。 それどころか、債務を整理することで、新たなる再スタートを切ることが可能になるのです。 債務を整理するためには、自己破産、個人再生、任意整理、特定調停などいくつかの方法があります。 それぞれにメリットとデメリットがありますから、自分の状況に照らし合わせて債務整理の方法を選択しましょう。 自己破産の場合、裁判所が認めれば、その時点での債務はすべて免責されますが、ただし預貯金などの資産がある場合は没収されます。 そして、他の債務が免責されたとしても、滞納した税金は免責されませんから注意しましょう。 個人再生の場合、債務を減額することができますが、債務は3年以内に返済することになります。 また、住宅などの資産を残すことができるのもメリットです。 任意整理の場合、債務の減額、分割払いなどを、任意で相談することになります。 個人で金融機関と交渉することもできますが、個人の言い分をどこまで聞いてくれるかは未知数です。 お金借りるときに任意整理をする場合は、専門家に相談したほうが話が早いでしょう。 特定調停の場合、裁判所の調停委員を挟んで債権者と交渉することになります。 任意整理と違い間に調停委員があるため、債権者も交渉に応じてくれることが多いようです。 どちらの方法であっても、債務整理をすることで、債務返済の道筋を決め人生を再スタートすることができます。 もし、現在、債務でお困りなら、人生を再スタートするためにも、債務の整理を考えてはいかがでしょうか。

ゆうちょ銀行カードローン

最近よく目にする、銀行のカードローンですが、消費者金融などと何が違うの?と思われる方が多いと思います。 そもそも銀行のカードローンとは… ■銀行カードローンなら収入以上の借り入れも可能■ 貸金業法が施行されたため、貸金業者では「総量規制で年収の3分の1以上の借入は原則できなく」なりました。銀行は総量規制外となりますので、それ以上の金額を借り入れしたい場合には、銀行カードローンで銀行からお金を借りる方法はとても有効です。 お金を借りるからには、やっぱり身近に店舗やATMがあるところが良いですよね。ところで、ここ数年で銀行になったゆうちょ銀行でお金を借りることは出来ると思いますか?答えは、出来ます。ゆうちょ銀行はスルガ銀行のローンを代理業者として媒介しています。 他の銀行系カードローンとは異なるポイントの、年金受給者でもお金が借りられるゆうちょ銀行のカードローン、「したく」の特徴を紹介します。 ■主婦・パート・アルバイトの方、年金受給者の方も申し込みOK ■最高500万円まで、初めての借り入れでも300万円まで利用可能 ■返済口座不要、忙しい方でも簡単なインターネットと郵送で手続き完了 ■原則、即日審査(インターネット・電話で申し込みの場合)最短30分回答 ■ゆうちょ銀行、スルガ銀行のATMはもちろん、全国の提携金融機関のATMで利用可能 20歳~70歳の安定した収入がある方であれば、年金受給者の方でも借りられるんです。70歳までという、この条件は他の銀行系カードローンには無い特徴ではないでしょうか。 ゆうちょ銀行のカードローンでは、専用ローンカードが発行されます。限度額の小さいカードを複数利用すると、異なる返済日や返済額で混乱しがちですよね。資金用途が自由なので、借り換えやおまとめローンとして利用すれば、専用ローンカード1枚になり、返済の管理のわずらわしさもありません。 また、この専用ローンカードを使って振込をする形での返済なので、新たに口座を開設するという面倒な事がないのです。 借入れや返済をする際には、下記のATMが利用出来ます。 ゆうちょ銀行、スルガ銀行、セブン銀行、イーネットATM(ファミリーマートやサークルKサンクスに設置のATM)、タウンネットワークサービス(スリーエフ店内に設置のATM)  ゆうちょ銀行なら全国どこにでもATMがありますよね。 気になる年利は、7.0~14.9%の間でスルガ銀行が審査の上決定します。 ゆうちょ銀行からお金を借りる方法は他にもありますが、銀行大手のスルガ銀行と代理店契約をしている事で、もっとお得にお金を借りることが出来ます。身近な存在なので、もちろん安心安定。ぜひこの機会にお申し込みだけでもしてみませんか?

(c)www.yalefertilitycenter.org All Rights Reserved.